せめてもの外部記録

とある医者の人生サバイブlog






カテゴリ:医学雑記 > 海外医療サービスの記録



今、遠隔診療という言葉が注目を浴びています。いちいち学校や職場を休んで、病院まで出向いて2時間待ち、5分診察を受けて薬を受け取る。その非効率な過程を取り払うべく、開発された診療です。これは特に、今現在では放射線科、病理診断科、皮膚科で活発です。中でもとり


少し前、こんなアンケートをとってみました。Ras@3n4rs24時間Dr.に直通で電話できて、不調を感じたらテレビ電話で問診して、緊急性、どの科にかかるべきか、などをアドバイスしてくれる、っていう高所得者高齢者向けのサービスって結構需要あると思うんですが、1相談あた


近い将来の医療の形を表していると思います。非接触型の体温計、スマートフォンのイヤホンジャックに接続して使う聴診器。これらの新しいデバイスを開発しているのがClinicloud社です。もちろん、文章や音声データから問診はとる事ができますから、問診、聴診、バイタルチェ


これは面白いですね。世の中インターネットが普及するにつれて、クラウドファンディングという資金調達方法が発達したのは記憶に新しいと思います。クラウドファンディングとは、わからない方のために簡単に説明します。まず、お金を必要とする人がいて、それに対して銀行が


いつかこうなるだろうなと思っていたら、もうなっていました。その名も、医師の検索プラットフォーム”Practo”です。Find the right doctor for you、のコンセプトの元、様々な条件から医師を検索できるオンラインプラットフォームです。上のように、まずどんな科かを簡単