カテゴリ: 医師日記



「先生って、いつも腕と脇が離れていますけど、何故なんですか?」ある日突然、小柄な女医さんに質問をされました。そう、ちょうど上記画像のように、常に僕は脇が閉じず仁王立ちしているように見られてしまいます。これはトレーニングの結果発達した広背筋、上腕二頭筋、大


医師として数年働いてきて、肌で感じたことがあります。それは、医師という職業のやるべき事が非常に多いという事です。日常の診療業務はもちろん、診療報酬のレセプトなどの事務処理、家族への説明、新薬および治験の同意書を取る、オペのイメトレ、院内の感染対策委員会、


先日、僕の愛読書でもある100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)について、noteを書きました。自分のために生きる人生 vs 誰かのために生きる人生https://note.mu/3n4rs/n/n23d4b7956b3a別に大したことのない、ありふれた内容だと思います。しかしながらそれを書いてから、メ


最近強く思う事があります。それは研修病院、専門科、医局、勤務先の病院、医師人生を決める色々な要素があるけど、ぶっちゃけどうでもいいよねという事です。みんな失敗が怖い医学部に入学したような頭の良い人達は、とにかく失敗を恐れる傾向にあると思います。僕もそうで


こんにちは、こんばんは。最近みなさんどうですか。僕も後期研修医として1年、医師として3年働いて、間違いなくアラサーと言える年齢に足を踏み込んで、徐々に人生が前へ前へ進行していることに焦りを感じております。何の責任もない、それでいて自由で無限の未来があるよ


僕は少なくとも月1回は、寝当直のバイトを入れるようにしています。インドアな内容でやるべき事って、結構ありますよね。医学に関係する事で言えば学会発表の資料を作る論文を読む論文を書く教科書を読むなど。医学以外の事で言えば積ん読本の読書ブログなどの執筆活動筋ト


最近SNS上でハッシュタグ#Metooというものが流行しています。過去に受けたハラスメントに対して、「私もこんな事をされた」と社会に声をあげよう、という運動です。泣き寝入りさせられていた人たちが声を出せるようになっているのは、良い事ですね。そこで、ふと医師はどうな


医師は世間知らずで、特に税金やお金の事について詳しくない。 マネーリテラシーが低い。 そういう文言が、雑誌やインターネットメディアで散見されます。 僕はたまたま大学時代、経済や心理学に興味があって結構勉強しました。 中でも行動


僕はいま、かつてないストレスに身を置いています。他の研修医同期に尋ねてみても、どうやらどんな科でもかなり大変なようです。なぜ、医師3年目後期研修1年目はこれほどにまで大変なのか。なぜ、仕事の負荷が高く、時間が無いのか。1、仕事に慣れていない後期研修開始時