あと学会発表まで1ヶ月、抄録を出したは良いが肝心の資料は全く作っていない。

来週のカンファレンスで抄読会の当番が自分だった、完全に忘れていた。

こんな事が重なると、まあ休日をつぶしてでも資料作りに励まなければならないわけです。休日じゃなくて平日にも頑張ろうと試みるのですが、いかんせん仕事で疲れていますし、翌日も朝早くから仕事に行かなければならないので気持ち的にデスクワークにとっかかれません。

仕事が終わって飯を食って風呂に入って時計をみると日が超えそう、なんて事もまあまああります。

そんな時、皆さんはどうしていらっしゃいますか?

-shared-img-thumb-PAK86_mewokosurinagara20141123140752_TP_V

僕はズバリ、休日の待機バイトに行きます。田舎でも良いから、なるべく呼ばれないでひたすら時間が過ぎるのを待つタイプのバイトが適しているでしょう。


待機バイトはデスクワークが捗る

デスクワークを住み慣れた家でやると、まる1日頑張ってもなかなか進まない時ってありませんか?

僕はそのタイプで、ついNetflixを見たり筋トレをしたり、なんやかんや出かけてしまったり昼寝してしまったりします。

そのため、僕としては「場所を変える」事が集中して資料を作るためには必要です。

とはいえ、ただ休日を潰すだけだと何だか勿体無い気がしてしまいます。どうせなら病院や施設に泊まり込みで資料を作りながら、待機のバイトでもしたほうが効率が良い、という話です。同じ休日の1日を潰すのであれば、どちらが良いでしょうか。

1、休日は潰れて資料は未完成
2、休日は潰れるが資料は完成、バイト代が手に入る

明らかに後者でしょう。そしてそれを投資にまわす、と。

重要なのは、待機料が安くても良いから、あまり忙しすぎない病院や施設を紹介してもらうことが重要です。


どうやってバイト先を探すか?

そういったバイト先をどうやって手に入れるかという話ですが、主に2パターンあります。

まず1つは知り合いや先輩から紹介されるパターン。これは1番簡単ですし、大抵近場ですし、何かあった時も多少知り合いなので円滑にことが進みます。

2つめはインターネットで紹介会社から紹介されるパターン。具体的には、医師バイトドットコム民間医局などがあります。医師免許をとったらとりあえず登録しておいて損は無いでしょう。

昔は医局に入ってお偉いさんに媚びを売らなければ紹介してもらえなかったようなバイト先が、今はインターネット市場に流れている、本当に自由で便利な世の中になりましたね。


かくいう僕も、今待機バイトをしながら午前中に資料を作り終えて、コーヒーを飲みながら映画を一本みてこの記事を書いています。多分、家にいたら今頃資料の50%くらいしか出来上がっていなかったと思います。

時間を効率よく回して、人生をデザインしていきましょう。