ー勉強になる記事が多くいつも更新を楽しみにしております。現在私研修医1年目で車が最近欲しくなり、購入を検討していますが維持費のことで悩んでいます。

自分の車が欲しいという憧れと勤務後や休みの日の利用(週1-3回くらいになりそう)目的に購入を考えています。

手取りで30万円ちょっとの給与で買えなくはないのですが、通勤に車は必要でなく、割と都会で公共交通機関も発達しているところに住んでおり維持費に見合う価値があるのかと考えてしまいなかなか踏ん切りがつきません。なお駐車場はそれなりに安い価格で借りることができます。

中古で輸入車を購入しようかと思っており、リセールバリューも大した額にならないですし、車に使うお金を投資に回して3年目以降に買うのも良いかと思っています。

Rasさんはどう思われるかご意見を伺いたいです。お時間のある際によろしければご回答いただければ幸いです。

2015-12-12-18-11-42

ーこれは良い質問です。

お気持ちはお察しいたします。車は男の夢ですし、大人の証である気がしますよね。

しかし車を購入するといかに資産が膨らむスピードが遅くなるか、数字でわかる人ほどそこには葛藤があり、辛いはず。

究極的には、車も投資と同じで、価値が減らないものを買えば良いです。100万で購入して5年乗って、90万円で売れたら、年間2万円でその車に乗っていた事になります。微々たる額です。

実際にそんな車は存在しませんが、限りなくそれに近いものがあります。それは国産のSUVです。それを新車ではなく新古車(展示車など、実際ほとんど使われていないが中古扱い)で購入します。

僕は実際、大学入学時に親から借金をして190万の国産SUV新古車を購入しました。おそらく新車で300万くらいだったと思います。それを大学6年+初期研修2年の合計8年乗って、約100万で売却できました。

免許取り立ての僕が8年も運転して、事故も起こして何回か直したような車でしたが、この値段で売却できました。8年=96ヶ月、毎月約1万円の支払いになります。大したことありません。駐車場とガソリンと車両保険を入れても、月3万円くらいじゃないでしょうか。

月1、2回多く当直して当直代を稼げばなんとかなる額だと思います。

SUVは北欧など北国を中心に需要が高く、価格が落ちにくい性質があります。また、徐々にSUVが一般向けに人気が出てきて、全体として需要が増えてきています。それを証拠に、様々なメーカーがこぞってコンパクトSUVなどを売り出しています。

このように今後売れるであろう車を予測して、需要の高まりと共に高値で売却すれば、非常に割安で車を持つことができます。

輸入車は関税などの関係でやはり国内で購入すると割高なので、あまりオススメしません。

また、車や不動産は所有した時点で価値が減る、という性質を持っています。そのため新車は割高で、ほぼ新品の中古車を狙うのが良いでしょう。

当ブログでは、匿名で質問を受け付けています。Twitterかブログで回答します。
https://t.co/TVWOUF48qi
忙しいと回答が遅れますが、回答した場合には必ずTwitterで流しています。