そろそろ、ヨーロッパのフランスやオランダの選挙に向けて、EU危機が再度話題にのぼる頃です。具体的には、下記のような日程でイベントが起こります。

3月 オランダ総選挙
4月 フランス大統領選挙
6月 フランス国民議会選挙
8月 ドイツ連邦議会選挙

イギリスがEUを抜ける、という方針になってからヨーロッパ各国では「EU離脱」を掲げる政党の支持率が増しているそうです。

bsPAK88_kinpikagold20131005121315

トランプ相場は加熱し続けており、金価格は下がり続けております。

ここらで金鉱株を買おうと思っていた時、いつも拝見させていただいているMarket hackさんからこんな記事が出ました。

金鉱株、強気転換します
http://markethack.net/archives/52032220.html 

確かに安いと思ったので、ユニリーバ(ティッカーシンボル:UL)を一部売却し、ヤマナゴールド(ティッカーシンボル:AUY)を購入しました。取得単価1株3.12$です。

同社は金の採掘会社で、金の価格が上昇すると業績も上昇します。金鉱低位株は大体金のETFよりも値動きが大きいので、今回の自分の読みに自信があるため金鉱株を選びました。

Stock Price of AUY 
https://www.google.com/finance?q=auy&ei=3s-FWPmePJmO0QSnno64BQ
by Google finance.

選挙が近くなり、実際に脱退する国は無いにしても、EU全体の危機感や悲壮感が漂いゴールドの価格は再度上昇すると思っています。

売却のタイミングとしては、フランス選挙のあたりで判断します。