加齢黄斑変性に対するフォビスタという薬を開発している会社です。現状すでにある、ルセンティス(抗VGEF抗体)との相互作用により効果をより強く発揮させる新薬であるフォビスタは、第三相試験で有効性を示すことができず、株価は90%減となりました。

17
https://www.google.com/finance?q=opht&ei=inRwWOmbI8q-0wSfzY6ABA

加齢黄斑変性は、年をとれば誰でもなりうる病気で、かつ失明という重大な転機を迎える疾患です。しかし有効な治療はありません。現状あるルセンティスやアイリーアは1ヶ月、2ヶ月に1度、眼内注射をし続けて効果を発揮します。完治はしません。

そして、1回1本10万円ほど。市場がかなり大きいのはわかりますね。誰も失明したくないですから。

加齢黄斑変性が治る未来と、この会社の研究努力に賭けてみようと思い、1株4.88$で購入しました。市場もかなり大きいと見込まれ、投資上のリターンも上限が無いでしょう。

かなりロングホールドとなりそうです。