せめてもの外部記録

とある医者の人生サバイブlog







AmazonでKindle版が100円以下という破格ででていたので、早速購入しました。タイトルは「時計仕掛けのりんご」です。タイトルだけでも意味不明。昨日買って早速読み終えました、なんですかね、この気持ちは。短編集がいくつもちりばめられており、1つ1つの短編集がミス


今回はこの本、白石一文著の「私という運命について」です。私という運命について (角川文庫)posted with カエレバ白石 一文 角川グループパブリッシング 2008-09-25ドラマ化もされているこの本、白石一文ファンの僕としても、この作品は他と違って1人の女の人の人生を数十


本日勉強した内容です。さて、心電図で心房細動の波形が出ている患者さんがいました。この人が以下のような症状だった場合の疾患は何が考えられ、どのような診察・検査をするべきでしょうか。Aさん「手が動かない、うまく話せない」Bさん「痛い!とにかく腹が痛い!痛い!苦


みんな知ってるデキレジ、ヤバレジ。デキるレジデント(研修医)の略でデキレジ、ヤバいレジデント(研修医)の略でヤバレジです。本当みんなこの言葉知ってて「お前電通かよ」っていうくらいの浸透率ですよね。スゴい。そんな、全国の研修医が「一体俺はどちら側なのか」と


僕が普段使いしているコンデジ、OLYMPUS社のSTYLUS XZ-2です。コイツはコンデジにも関わらずF1.8という明るいレンズの持ち主で、しかも値段も2万チョイという最強のコスパコンデジくんです。 重厚感のある黒光りは高級感を漂わせますこれをぶらさげていれば、端から見ても


研修医が始まってはや2ヶ月、わからない事だらけでへこみます。さてさて研修医が始まってからと言うもの、僕は今から書いていきます「研修医の3大困りごと」にぶつかりまくっております。毎日毎日、時には同じ壁にドンドンぶつかっては倒れています。それでも完璧にはなれ


前の記事でさんざん悩んだあげく、結局コイツにしました。やっと届きました。堂々たるたたずまい…(レンズフードはついてきます)9枚の絞り羽根が見えます、いつ見てもこの「レンズ」部分は吸い込まれるように美しいSIGMAの文字この黒の重厚感、美しいレンズを買うってこん


研修医が始まりはや2ヶ月、何も進歩していない気がして心は焦りながらも結局勉強はおぼつかない毎日を過ごしています。最近知った医学知識は、輸液はただ必要量入れれば良いってもんじゃない(入れる量が増減すると体外に出て行く分もまた増減するため)という事でした。割


研修医生活が始まり、家電を一新しました。今回我が住処に加わった仲間達は、ルンバ770、乾燥機付きドラム式全自動洗濯機の2名です。これにより家事の全自動化を試みました。僕は昔からマニュアル化、自動化が好きで、可能な限りムダを省き効率化させる事がクセでした。